鉄リサイクル事業

テツコーポレーションは、各現場への引取、回収をはじめ鉄スクラップ業者から加工済み製鋼原料を調達し、製鋼メーカーへと納入しております。独自のネットワークを駆使し、万全のリサイクルルートをご提案いたします。

金属リサイクルの重要性について

天然資源をほとんど持たない日本において、金属のリサイクルは貴重な鉄鋼原料の供給という役割を担っています。 現在の日本では年間約1億トンもの鉄が生産されていますが、そのうち約2千万~3千万トン近くが鉄リサイクルによるものです。
製造工場などの企業より発生する金属くずから、一般家庭より発生する金属くずまでの引き取りを通して、 限りある金属資源の再利用を促進しています。廃棄コストのかかる産業廃棄物だと思っていたものが、実は資源として活用できる。このことを一人でも多くの方に知っていただけるように事業を通して伝えていこうと考えております。

鉄スクラップ

鉄スクラップは、屑鉄(くずてつ)ともいう。鉄鉱石と同様、重要な製鉄原料です。鉄スクラップは、電気炉によって再び鋼鉄へとリサイクルされます。高炉を持たない電炉メーカーが鉄スクラップを原料としています。しかし、鉄スクラップを原料とした鋼鉄は不純物の量がやや多いため、鉄鉱石から生産された鋼鉄よりは品質が劣ります。鉄スクラップには大きく分けて「市中発生品」と「工場発生品」とがあります。

主な買取品目

・解体現場や建設現場で出る鉄くず
・工事等で発生する鉄くず

非鉄スクラップ

非鉄金属とは、鉄および鉄を主成分とした合金、つまり鉄鋼材料以外の金属を指します。日本工業規格においては部門記号H(非鉄金属)に分類されています。全ての非鉄金属屑は非鉄金属原料としてメーカー規格に順じた再生処理(圧縮・切断・破砕・選別)を経て、高品質な非鉄金属原料へと生まれ変わります。

主な買取品目

・銅
・ステンレス
・雑線
・アルミ
・真鍮
・その他非金属

OTHER

ご質問、お問い合わせはこちらから